スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東美アートフェア® 春 / 存在の神秘 磯江毅 遺作展

3月13日から15日まで、浜松町にある東京美術倶楽部にて
今年も東美アートフェア® 春が開催されました。

今年は待望の故・磯江毅先生の遺作展が特別展として併せて開かれました。
本展の性質上なのかもしれないのですが、どう考えても告知・宣伝が弱すぎる!
アートフェアのおまけみたいな広告の書き方だったのがもったいないほどの
ここ数年来稀に見る素晴らしい展示だったと思います。

70・80年代作品から遺作まで充実した内容で、大回顧展と言えるものでした。
もっともっと、業界の枠を越えたところから評価されるに足るもの。
各画廊さんの即売会がセットになっているためか、純粋な展覧会として宣伝しづらいのが
非常に悔やまれる。などと青二才の自分がいらぬ心配をしてしまったり・・。

そして自分は全く情報を得ていなかったのですが、会場にてなんと・・!

磯江毅 画集

画集 磯江毅/写実考 が販売していました。
「完成していたの・・!?」(アスカ)

彩鳳堂画廊さんの企画により美術出版社より発行されたようです。
こちらもマドリッド留学時代の作品から2000年代作品までを網羅した見応えのあるつくり。
画質も価格からしてみれば充分納得できるものでした。

IMG_9825.jpg        IMG_9826.jpg


まずはこの展示のみでの販売ということですが、いずれ書店でも購入できるようにするとのことです。
知名度も一気に広まっていくことでしょう。ここは一ファンとしてありがちな複雑な思いが(笑)


今回自分も春風洞さんのブースから一点出品させていただきました。
先生の意志は自分含めた新しい世代が確実に引き継がなければ!
というか引き継がせていただきます!!

頑張ります。



引き続き春風洞画廊にて3月19日(木)~28日(土)(日・祝休廊)まで展示致します。

2009東美アートフェア(表)          2009東美アートフェア(裏)

出品作家
安彦 文平/生島 浩/石黒 賢一郎/石田 淳一/大畑 稔浩/
五味 文彦/曽根 茂/高橋 和正/中島 健太/平澤 篤/
広田 稔/丸山 勉/山本 大貴/吉岡 正人/李 暁剛
(50音順敬称略)







※追記 画集、既にAmazonで予約受付していました。さすが~(・∀・)




プロフィール

HIROKI YAMAMOTO

Author:HIROKI YAMAMOTO
2018年予定

■個展
11月
日本橋三越本店

■グループ展

・第94回白日会展
3月21日(水)~4月2日(月)
国立新美術館

・創と造2018
4月・5月
東京美術倶楽部 他

※順次情報追加


■twitter
http://twitter.com/SILVE05

■tumblr
http://hirokiyamamoto.tumblr.com


Copyright (C) 2009-2018 HirokiYamamoto.
All Rights Reserved.

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
pixiv マイページ
リンク
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。