スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡々と作品をUPする。10


山本大貴:静寂の声

静寂の声

F100号
パネル・油彩
2010年
第86回白日会展 富田賞




今年度白日会展の巡回展も無事終了し、名古屋→鹿児島→大阪の旅からようやく帰京してきました(作品が)。
各展示会場にてご高覧下さった皆様、誠にありがとうございました。

一昨日お取扱い頂いている画廊へ納品され、サイン入れに行ってきました。
ということで、ブログでもアップします。

展示用の仮縁を取ると、学生時代の残り香とも言えるような自作のいびつな支持体が露わになり
暫し物議を醸すことになりました(実のところ大学のアトリエに1年以上放置していたもの)。
常にこうするとどうなるのか?という画材実験をしながら制作をしてきたため、
商品としては未熟すぎるような部分がまだ作品の裏には混在している状態です。
ただ、そういった作り方の振れ幅を持たせてきたために理解できたものは多く、
こうすると失敗したから、こうすれば大丈夫といった技術も逆説的に身についてきたと思っています。
保存性に支障は無いと確実に言えるけど、見た目だけでそれを伝えられるよう
作品の裏の部分まで「美しく」仕上げることを出来る限り心掛けよう・・。

作品自体はありがたくも各方面からご好評を頂き、次に繋げる新たな布石となりました。


■作品エピソード
タイトルは幼少の頃から愛読していた「はてしない物語」から引用。
女性の持つギターはIbanez JEM7V。ロック界屈指の超絶技巧ギタリストSTEVE VAIモデル。自前の品。
これに言及してくれたお客さんは1人だけでした。このギターを一度描いてみたかったのは確かなのですが、
まずはエレキであればいいと。今持っている物からしかモチーフが組めないもどかしさ・・
マチスの引用は、音楽業界ではなじみの深いサンプリングという感覚。
ヒップホップ、特にチカーノラップでは往年の大ヒット曲を平気でサビに持ってきたりしてる。
何故かと問われたら、彼らはどや顔で「いい曲だから」と答える。それだけの話である。
そんな文化も意識しつつ、近年のいわゆる「コピペ文化」にリアリティーを感じつつ。
古典的空間演出を離れ、自由な絵画構成、感覚的な色彩センス自体の抽出へと可能性を拡げた絵画を
さらに写実へと還元させ、そこに現代性を見いだせないかという試みの一つ・・それも日本で。他にもいろいろギミックが







Twitterボタン

淡々と作品をうpする。9

山本大貴:drop

drop

P3号
キャンバス・油彩
2009年
第48回ミニヨン展(日動画廊本店)出品



人物画強化年間な2009年。人物画で締めますよ。

思えば様々な形で人物を描いてきました。描き方もアナログ・CG問わず。
その一部は来年公開の某劇場版にもちょこっと出演したりする予定です。

苦手意識がちょっとでも克服して行けたら・・今後も試行錯誤を続けます。


大丸東京店での四人展、おかげさまで無事終了致しました。
ご高覧下さった皆様、誠にありがとうございました。

淡々と作品をうpする。8

Lily of the Valley

Lily of the Valley

M15号
パネル・油彩
2009年

第3回 夏の会展(日動画廊) 出品作



今のところアップしている作品は、すべて自分の手持ちのコンデジで撮影→
→簡単にレタッチしているのですが(しかも部屋撮り・・)
さすがに画質が気になる。

三脚使うだけでも大分違うのにね!

淡々と作品をうpする。7

山本大貴:阿毘跋致

阿毘跋致
avaivartika

F100号
パネル・綿布・油彩
2007年

卒業制作優秀賞



東京国立博物館・平成館で興福寺創建1300年記念「国宝 阿修羅展」 が始まりましたね。
そんな時期に便乗して、2年前学部卒業の際の作品をうp。
何でも筆一本で創造してやるという空元気な意志が痛々しいですね。中二病な一点。


阿修羅展ですが、仏像を巡るのが趣味だったという宮本亜門さんに習ってか
こういった造形物への造詣を深めたくなってきました。

と思ってた矢先、案の定というかBRUTUSで特集されてたり
まぁ詰まるところはミーハーの一種なんでしょうかね・・。
特にメディアに影響されてる気はないんですがね。たまたまなんですがね・・・

博物館で発売されているという阿修羅展公認アイテムのフィギュアが超気になる。
「自社フィギュアで世界の博物館制覇を狙っている。」 と豪語していた海洋堂のクオリティーやいかに・・?


※追記 情報によると既にフィギュアは初日完売だそうです。
2次発売が4月2日より始まったそうですが、売り切れは時間の問題という・・恐るべし;


淡々と作品をうpする。6

Quiet Night

Quiet Night

M20号
パネル・綿布・油彩
2007年

第1回アヴニール展(春風洞画廊)出品作


プロフィール

HIROKI YAMAMOTO

Author:HIROKI YAMAMOTO
2017年予定

■個展
11月21日(火)~27日(月)
そごう神戸店


■グループ展

・25人の作家たち
-佐藤国際文化育英財団25周年記念奨学生選抜-
1月10日(火)~3月5日(日)
佐藤美術館


・ホキ美術館名品展
1月21日(土)~3月12日(日)
ふくやま美術館(広島)
※佐賀県立美術館へ巡回


・第93回白日会展
3月
国立新美術館


・高島屋美術部創設110年記念展
-microcosmic spirits-
3月22日(水)~28日(火)
日本橋高島屋
※以降高島屋各店舗巡回


・創と造2017
4月23日(日)~27日(木)
東京美術倶楽部
※以降全国美術倶楽部巡回


・第4回 山の会展
5月16日(火)~31日(水)
山手画廊


・第54回 太陽展
5月24日(水)~6月6日(火)
日動画廊本店


・近現代 日本絵画展
~明治から受け継がれてきたもの、未来へ受け継いでいくもの~
6月10日(土)~7月9日(日)
松坂屋美術館


・LIONCEAUX RENAISSANCE 2017
8月16日(水)~22日(火)
日本橋三越


・三越美術部創部110年
-未来への継承-三越美術百選展
8月30日(水)~9月5日(火)
日本橋三越


・第11回 夏の会展
日動画廊本店


・第11回 アヴニール展
春風洞画廊






■twitter
http://twitter.com/SILVE05

■tumblr
http://hirokiyamamoto.tumblr.com


Copyright (C) 2009-2016 HirokiYamamoto.
All Rights Reserved.

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
pixiv マイページ
リンク
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。