スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホキ美術館 建設中

ホキ美術館

前回の記事でひたすら制作しないと糸冬 了..._なことを書きましたが
このシルバーウィークは久しぶりに実家に帰りました。(動機が不純である)


私の実家の近くに、保木美術館という年に1,2回そのコレクションを公開されている私設美術館があります。

■あすみが丘ふるさとエクスプローラー 保木美術館
勝手にリンクさせていただきましたが、問題があれば外させていただきますm(_ _)m

地元の住民には密かな認知度があるこの美術館ですが、現在そのコレクションを一同に公開できるような
大々的な新しい美術館が現在の場所のすぐ近くに建設中でした。

取引先画廊の方から話には聞いていましたが
こんな本格的なものだったとは・・

ホキ美術館建設地
設計・監理:日建設計 施工:大林組

森本草介作品を中心に野田弘志、中山忠彦、それに続くいわゆる
「写実画」をメインに構成されているホキコレクション。
この新しい美術館の完成によって、これらの作品・ジャンルが
業界にとどまらずもっと×2社会に認知されていくといいですね。

現在地下工事が終わり、表層部の建設に入っているようでした。
実家の犬の散歩コースなので、また動きがあれば報告します☆

って近く帰れるのかー!?Σ


Assassin's Creed 2




ゲームファンにとって期待せざるを得ないE3が今年もロスで開催され、
各社が隠し持っていたネタが今回も存分に披露されました。
MGSやFFの最新作(14!!)、新型PSPなどが注目株だった中、個人的におぉ!っと思ったのがこれでした。



このゲーム、箱庭的世界をシームレスで縦横無尽に走り回れることが売りなのですが
1は舞台である中東の時代考証がしっかりしていて世界史の勉強になったりもする(SF的要素もある)。


で何で目を引いたかってーと、2のメインになる舞台がイタリアだったから。
しかも15世紀、ルネサンス真っ盛りの。

このトレーラーを見る限りその再現度がすごい。
プリレンダシーンとはいえサンマルコ広場やゴンドラ、当時の服飾や空気感もよくできてる
(居たわけじゃないけど・・)。

こんな世界をあっちこっち動き回れるかと思うと(*゚∀゚)=3

ダヴィンチ先生も出るってよ!

もうこのグラとシステムで世界史(と美術)の教材作っちゃえばいいのに。



1はゲームシステムとしては単調なお使いゲーで総合評価はどんなレビューでも大体低い。
しかしこういったビジュアル面のこだわりはかなり好きです。


TPSやFPSでの魅力って、世界そのものをいかにリアルに作るかにかかってると思うんですが
それって一番写実の要素が必要とされ、それが実践されている職種だと思う。
クリエーターはこぞってそのデッサン力や細密表現度を開発環境の向上と共に競っている。
それは間違いなく今の「画壇」の比ではなく、恐るべき執念をもって日々開発が繰り広げられている。

どんな業界でも内部は似たような構造かもしれませんが、
物作ってる身として不変的なこの部分には敬意を示さずにはいられないんですね~。


日常的に触れるメディアからこんなグラフィックを当たり前のように享受する世代って
ドット絵世代とはまた違った感性を持って育つんじゃないかな。いい意味でも悪い意味でも。
てそれ言い出したらキリないですね。


オチ無し











CanVas

canvas


絵描き仲間と言わせていただいていいのだろうか、ムサビ同期の木喬さんや
敏腕若手イラストレーターの方達が結成したサークル「CanVas」の
初のイラスト集が発行されました。渾身の一点。

先日ビッグサイトで開催されたコミティア88に出展されていて
自分は都合で行けなかったのですが、これまた絵描き仲間の佳さん(m(_ _)mあざす!)を通して
入手することができました。

同期とはいえ、いまや某・大手ゲームメーカー各社で手腕を振るっている方々であり、
常々焦燥感とモチベーションをいただいております。

pabro

PABLOさんのページ。脳天直撃

就活時、内定企業が一緒でルーミス教(笑)という親近感を覚えて以来
ちょくちょく絵の話を交わしていました。氏はそのまま就職、
仕事の傍ら音楽活動もこなすハイブリッドぶり。大注目の一人です。



企業に籍を置いて表現を模索する彼らと、美術界で奮闘する自分と。
少なくとも釣り合えるだけの表現活動を、と意識しつつ。

表現者のフィールドは広大だ。











破。

bnr_eva_a02_01.jpg

昨日特報が更新されて、ようやく具体的なビジュアルが現れ始めました。
自分の知ってるエヴァからいよいよかけ離れたシナリオへと分岐する予感(*゚∀゚)=3

メカメカしいものの作画と演出が「今」を物語ってて
過去の表現を技術の進化がうまく支えている好例になりそうです。

庵野監督は過去に消化された様々な表現技法を片っ端からサンプリングして
そのコラージュの巧さがオリジナリティーの一つになってると思うのですが、
もはやそれを自分の作品同士で実現できるまでになってる。
「トップをねらえ!」の続編の時も、リメイクや同窓会的なノリに留めず
最高の形で過去を発掘し、新たな感動に結びつけてました。

期待せざるを得ないっていう!! 特に式波

旧劇場版を初日に並んで観に行ったのは12年前(!?)
主人公と同じ歳の時にリアルタイムで観てたのですが、
あの頃とあまり自分のリアクションが変わってないぞ・・?








デジタルマスター版で再販・・だと・・?


Midnight Club: Los Angeles



これすっげ~!
GTAシリーズのRockstar Gamesが手がける最新作ですが、
ロスの街をそのままゲームに落とし込んでる。

グラフィックの進化ってこういうとこに必要性が感じられるね。
PS2でも3でも同じじゃんってゲームも量産されちゃってるけど、
ちゃんと時間かけて開発したものからは、次世代機でしか体験できないカタルシスを
確実に得られることが出来る。(と思う)。

今年はいよいよPS3購入かなぁ(←たぶんライトゲームファンの総意…!?)。







テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

HIROKI YAMAMOTO

Author:HIROKI YAMAMOTO
2017年予定

■個展
11月21日(火)~27日(月)
そごう神戸店


■グループ展

・25人の作家たち
-佐藤国際文化育英財団25周年記念奨学生選抜-
1月10日(火)~3月5日(日)
佐藤美術館


・ホキ美術館名品展
1月21日(土)~3月12日(日)
ふくやま美術館(広島)
※佐賀県立美術館へ巡回


・第93回白日会展
3月
国立新美術館


・高島屋美術部創設110年記念展
-microcosmic spirits-
3月22日(水)~28日(火)
日本橋高島屋
※以降高島屋各店舗巡回


・創と造2017
4月23日(日)~27日(木)
東京美術倶楽部
※以降全国美術倶楽部巡回


・第4回 山の会展
5月16日(火)~31日(水)
山手画廊


・第54回 太陽展
5月24日(水)~6月6日(火)
日動画廊本店


・近現代 日本絵画展
~明治から受け継がれてきたもの、未来へ受け継いでいくもの~
6月10日(土)~7月9日(日)
松坂屋美術館


・LIONCEAUX RENAISSANCE 2017
8月16日(水)~22日(火)
日本橋三越


・三越美術部創部110年
-未来への継承-三越美術百選展
8月30日(水)~9月5日(火)
日本橋三越


・第11回 夏の会展
日動画廊本店


・第11回 アヴニール展
春風洞画廊






■twitter
http://twitter.com/SILVE05

■tumblr
http://hirokiyamamoto.tumblr.com


Copyright (C) 2009-2016 HirokiYamamoto.
All Rights Reserved.

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
pixiv マイページ
リンク
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。